10月30日を「世界のウチナーンチュの日」として制定しました

平成28年10月30日(日曜日)、第6回世界のウチナーンチュ大会閉会式において大会実行委員会会長である翁長知事より10月30日を「世界のウチナーンチュの日」として制定することが宣言されました。

「世界のウチナーンチュの日」宣言(10月30日)

我々は今日、世界のウチナーンチュのみなさんに伝えたい。

我々ウチナーンチュは、持っている。
我々ウチナーンチュは、未来を創造する力を持っている。
我々ウチナーンチュは、未来への希望を持っている。
我々ウチナーンチュは、世界へ飛び立つ勇気を持っている。
我々ウチナーンチュは、互いを許し合う寛容の心を持っている。
我々ウチナーンチュは、互いを助け合う相互扶助の心を持っている。
我々ウチナーンチュは、豊かな伝統文化を持っている。
我々ウチナーンチュは、困難に打ち勝つ不屈の精神を持っている。
我々ウチナーンチュは、先祖への感謝の心を持っている。
我々ウチナーンチュは、家族を愛する心を持っている。
我々ウチナーンチュは、出会った人を愛する心を持っている。
我々ウチナーンチュは、郷土を愛する心を持っている。
我々ウチナーンチュは、平和を愛する心を持っている。
我々ウチナーンチュは、ウチナーンチュであることに誇りを持っている。

ウチナーンチュは一つになる。
5年の時を経て、今日、また、世界中からウチナーンチュが集い、心が一つになった。
ウチナーンチュがウチナーンチュであることを祝おうではないか。
ふたたび世界中からウチナーンチュが集まった今日10月30日を祝い、「世界のウチナーンチュの日」としようではないか。
今日10月30日を「世界のウチナーンチュの日」とし、この誇りを我々ウチナーンチュの魂に刻み込もうではないか。

ここに、誇りを持って宣言します。
今日は、「世界のウチナーンチュの日」です。
今日は、めでたい「世界のウチナーンチュの日」です。
おめでとう、世界のウチナーンチュ。 いっぺーにふぇーでーびる。

 

_dsc1348_dsc1369

 

「世界のウチナーンチュの日」制定の趣旨

100年以上前、移民の父と呼ばれる「當山久三」の「いざゆかん、我らの家は五大州 」の言葉に象徴されるように、先人達は異国の地で成功する希望を胸に、強い意志と万国津梁の精神で海外に雄飛し、幾多の苦難を乗り越え、それぞれの地で生活の基盤を築き経済的安定を図るとともに、沖縄の文化を大切に守り、子や孫にウチナーンチュとしてのアイデンティティーを継承してきました。

これまで脈々と築き上げられてきた世界中のウチナーネットワークを継承・発展させ、今後もますます繁栄していくことを願い、今日、10月30日を「世界のウチナーンチュの日」として定めることとなりました。名護市在住の2人の県系3世の発案は、世界のウチナーンチュから圧倒的な賛成の支持を得ました。ウチナーンチュの肝心(ちむぐくる)は永遠に引き継がれ、ウチナーネットワークは発展し、世界のウチナーンチュは繁栄し続けることでしょう。